2016/8/4


YAMAHA CP4 STAGE ステージピアノ

Simply the Best
You are ready for the gig.
シンプルかつ最高のステージピアノを目指し、ヤマハの技術の粋を結集して作られたステージピアノ、それがCP4 STAGEです。
ヤマハが誇るグランドピアノのラインナップ、CF IIIS, S6に加え、新しいフルコンサートグランドピアノCFXの音色も搭載し、キャラクターによってジャンル、用途に応じて選択できます。また、数々のビンテージエレクトリックピアノの音色も搭載。
ビンテージエフェクトをモデリングしたVCMエフェクトと共に、その時代特有の音を生き生きと再現します。
鍵盤はステージピアノでは初めての採用となる木製象牙調ウェイテッド鍵盤 NW-GH鍵盤を採用。演奏のタッチに絶妙に反応し、心地よい演奏感を演奏者に与えます。



「プレミアムグランドピアノ音色」
ヤマハは世界最大級のピアノメーカーであるため、たくさんのグランドピアノの中から一番良いピアノを選定できます。その選ばれたピアノを贅沢にサンプリングしボイシングした音色がCP4 STAGEに搭載されているのです。

[CFX] [CFIIIS] 華麗なる進化
フルサイズのコンサートグランドピアノ CFシリーズの新しいフラッグシップモデル CFXはヤマハのピアノ製造技術の結晶です。
その音は、どんなコンサートホールでもに十分に音を響かせられるパワーを持ち、同時に繊細で美しい音を備えます。
このダイナミックレンジの広さがCFXピアノの特長です。
CF IIIS はヤマハのフルコンサートグランドピアノの最高峰モデルで、その音が持つ明るさ、透明感、そして力強い低音感は種々の音楽ジャンルのバンドアンサンブルに対応します。

[S6] 温かく、かつ繊細なサウンド
グランドピアノ S6 は温かく深みのある音色が特長です。
その理由はS6に使われている銅の巻き弦。この弦の響きがリッチな倍音の温かい音を作ります。
この音色は弾き語りや静かなバラードの曲にぴったりです。


ビンテージエレクトロニックピアノ
CP STAGEシリーズは1970年代からシーンを彩ってきた数々のビンテージエレクトリックピアノの音色を搭載しています。
このビンテージサウンドはヤマハのVCMテクノロジーによりモデリングされたエフェクターと合わせ、その独特な音の表情を弾き手が表現できるようボイシングされています。

[CP80] エレクトリックグランドピアノ
グランドピアノと同じようにハンマーで弦を叩き、弦の振動をピックアップで電気信号に変換する。それがCP80の発音構造です。この構造があの特長的な音を生み、はっきりとしたアタック、特徴的な音色が世に認められ数々の名曲で使われてきました。

[DX7] DXエレクトリックピアノ
80年台初頭、FM音源を採用したDXシリーズの登場がデジタルシンセサイザーの歴史の始まりでした。その印象的なサウンドは世界中のミュージシャンを虜にし、様々なジャンル、様々なシーンでDXサウンドは使われていったのです。

[Rd I] [Rd II] エレクトリックピアノの代名詞
Rdタイプのエレクトリックピアノは70年代よりたくさんのミュージシャンに愛用され、時代を超えて愛されてきました。
Rd Iタイプで築かれた、金属の細い棒をハンマーで叩き振動させるという発音構造をその後のRd IIタイプでより力強くパワーのある音に進化させました。
弱いタッチでの甘くモジュレーションのかかったサウンドはバラードやスタンダードジャズ、強いタッチでの歪んだアタックの力強いサウンドはクラシック・ロックと様々なジャンルの曲に聴くことができます。

[Wr] エレクトリックピアノの元祖
Wrタイプのエレクトリックピアノはハンマーと振動板を叩く構造を持ち1960年代後半から1970年代にかけて広く使われ、素朴ながら力強いサウンドで有名になりました。
弱いタッチでの繊細な音から強いタッチでの歪み混じりの独特なサウンドまでタッチによって大きく表情が変わります。



ステージで必要な操作をシンプルに実現するユーザーインターフェース
演奏上必要な操作はできる限りシンプルに。それが新しいユーザーインターフェースのテーマです。

音色選択
カテゴリーサーチ機能を使えば、素早く目的の音を見つけられます。
お気に入りの音色はフェイバリットとして各カテゴリーボタンに登録でき、ひと押しで呼び出すことができます。
前ページまででご紹介したピアノ、エレクトリックピアノに加え、ベース、クラビネット、オルガン、ストリングスにシンセパッドなどMOTIFシリーズ直系の多彩な音色を搭載しています。

レイヤーとスプリット
ボタンを一押し、それだけでレイヤー・スプリットを設定できます。
そのボタンは大きく光るため、ステージの暗闇の中でもわかりやすい。手軽にピアノ音色とピアノ・ストリングスのレイヤーサウンド、ピアノ・ベースのスプリットサウンドを演奏できます。また、いつでもMainボタンを押せば、Mainパートの音色だけになるMain Solo機能により、レイヤーやスプリット時でもワンアクションでピアノのみに設定できます。

木製象牙調ウェイテッド鍵盤 NW-GH鍵盤
木製象牙調ウェイテッド鍵盤 NW-GH鍵盤でピアノに限りなく近い弾き心地を実現しました。

グランドピアノの鍵盤タッチを忠実に再現
CP4 STAGEでは木製象牙調ウェイテッド鍵盤 NW-GH鍵盤を採用。この鍵盤は鍵盤の高低で重さを変えグランドピアノの演奏感を再現しています。



持ち運びしやすい軽量コンパクトボディー
CP STAGEシリーズは可搬性とエレガントさ、そして専門性をすべて兼ね備えたステージピアノです。

”持ち運べるピアノ”
CP STAGEシリーズはスリムなデザインを実現。88鍵ピアノ鍵盤モデルとしては驚くほど軽量で持ち運び、移動が容易です。
(CP4 STAGE 17.5kg)




仕様

鍵盤
CP4 STAGE鍵盤 88鍵NW-GH(木製象牙調)


音源/音色

音源音源方式SCM音源+ AWM2
発音数最大同時発音数128音
プリセット
音色数433 (CFX:15, CF:15, S6:15, Rd:15, Wr:6, CP80:8, DX:18, Clav, Organ:67, Strings, Choir, PAD:86, Others:174, Others(Drum):14)


パフォーマンス

パフォーマンスユーザー128
パート3パート


効果

タイプ
リバーブ11タイプ
コーラス9タイプ(46プリセット)
インサーション62タイプ(226プリセット)×2パート
マスターコンプレッサー1タイプ(7プリセット)
マスターEQ5バンド


接続端子

接続端子
LINE OUTL/MONO, R [Unbalanced] (標準フォン端子) L, R [Balanced] (XLR端子)
ヘッドフォンPHONES (ステレオ標準フォーンジャック)
FOOT SWITCHSUSTAIN, ASSIGNABLE
FOOT CONTROLLER2
MIDIIN, OUT
USBTO HOST, TO DEVICE


サイズ/重量

寸法
幅1,332 mm
高さ161 mm
奥行き352 mm
重量17.5 kg


その他

消費電力18W
付属品電源ケーブル フットペダル FC3

REFACE-CP ヤマハ 37鍵シンセサイザー YAMAHA reface

【NEW限定品】 YAMAHA CP4 STAGE ステージピアノ-電子ピアノ

【NEW限定品】 YAMAHA CP4 STAGE ステージピアノ-電子ピアノ

【NEW限定品】 YAMAHA CP4 STAGE ステージピアノ-電子ピアノ

【NEW限定品】 YAMAHA CP4 STAGE ステージピアノ-電子ピアノ

2016/10/14

【NEW限定品】 YAMAHA CP4 STAGE ステージピアノ-電子ピアノ

【NEW限定品】 YAMAHA CP4 STAGE ステージピアノ-電子ピアノ

買い物過去の記事

  1. Roland 電子ピアノ HPi-50e / LWS ライトウォールナット調仕上げ[ローランド][HPi50e]【送料無料】【smtb-u】【piano_t】【P8O4】

    2015-10-30

    サザンマリーナレジデンス

おすすめ記事

  1. CASIO デジタルピアノ セルヴィアーノ キャビネットタイプ AP-450BK【送料無料】【ONLINE STORE】
  2. 11934568_972176146179454_1040390325374705902_o
    自分の会社(シンガポール法人)のオフィスに来てみました。 といってもシェアオフィスなんですが! …
  3. 送料無料!YAMAHA(ヤマハ) 電子キーボード Peaggero NP-32B / NP-32WH■キーボード ボックス型鍵盤 タッチレスポンス 76鍵盤
  4. 【中古】YAMAHA / MOX6 ヤマハ ワークステーション シンセサイザー【S/N JBRK01015】【訳アリ中古炸裂特価】《倉庫保管中》【U-BOX_MEGA_STORE】
    本日放映されたウラマヨです(^^♪ 時にちょっとふざけた発言をしておりますが、…

話題をチェック!

  1. 【送料無料】カシオ デジタルピアノ<セルヴィアーノ> AP-700 BK (AP700BK) ※配送のみ 【お届け日時指定不可】

    2015-9-3

    日本の未来について

Mailmagazine

過去ログ

ページ上部へ戻る