2016/8/4










2013年新しく登場したウィーンのバラ プラチナは、ティーカップ、ポット、プレートにそれぞれ、大小のあわいピンクの薔薇やつぼみが、異なるデザインで描かれています。
シリーズ全体として、ヘレンドとともに歩んできたウィーンのバラの伝統と歴史を感じさせます。
プラチナの縁取りが一層エレガントな、ウィーンのバラの新しいシリーズです。

ヘレンドの歴史とともにあるウィーンのバラ。パターン名を直訳すると「ハプスブルグ家由来の薔薇」。
もともとはウイーン窯(現在のアウガルテン)により、「貴族の中の貴族」と称されたハプスブルグ家の后妃エリザベートのお気に入りのサービスとして製作していたものでした。
しかし、1864年にウイーンが閉窯してしまった際、フランツ・ヨーゼフの命により「ウィーンのバラ」を含む多くの型やパターンが、ハンガリーのヘレンドへ移されました。
ヘレンドは、皇帝が帝位を退くまでこれを納め続け、「ウィーンのバラ」はハプスブルグ家門外不出のパターンとなっていましたが、第一次世界大戦後、ハプスブルグ家が王位を退位し、ウィーンのバラも一般に開放されるようになり、今ではヘレンドを代表するパターンとなっています。
ヘレンドのウィーンのバラのオリジナルパターンは、簡潔で機能性が重視された19世紀前半のビーダーマイヤー時代に創られました。現代まで受けつがれている、中央に配された薔薇とパセリのコンビネーションに、濃いグリーンで縁取られたウィーンのバラのデザインもウィーン王室からその制作を依頼されたのがはじまりでした。
「ヘレンド 商品のご購入に関するお願い」
ヘレンドは、全て(ペーパーナプキン等の一部の商品を除く)ペインターによるハンドペイント製品の為、小花の種類、配列、色合い、風合い等、1点1点絵柄の細部が微妙に異なります。
また、アポニー、インドの華などのメインモチーフとサブモチーフがあるシリーズの場合は、メインモチーフにつきましては1種類となりますが、サブモチーフには数種類のデザインがございます。ヴィクトリアシリーズに関しましては、メインモチーフにも複数のバリエーションを持っております。つきましては、HP上でご紹介しております商品とお届けする商品の絵柄が異なります。予めご了承くださいませ。
※ボンボン入れや小物入れ、ポットなどのふたのつまみの薔薇や苺などのモチーフの色も異なります。
※フィギュリンなどは、目などの描き方により微妙に表情が異なります。
「ヘレンド 商品のバックスタンプについて」
バックスタンプのデザインは製造時期により商品画像と異なる場合がございます。
ハンガリーのブタペストから南西へ110km、牧歌的な村の名前がヘレンドです。ここにあった小さな陶器工場をモール・フィッシャーが買い取ったのが1839年。以来、磁器生産に切り替え、テーブルウェアの製作に力を注ぎます。1862年、オーストリアの女帝マリア・テレジアが育成したウィーン窯が閉鎖することになり、そのデザインの継承を許されたヘレンドは、一躍ヨーロッパの名窯となりました。
1866年、当時のオーストリア皇帝フランツ・ヨゼフがハンガリー皇帝を兼ねるようになると、宮廷での宴をヘレンドのテーブルウェアが彩ることになります。貴族の中の貴族と呼ばれたハプスブルグ家の保護のもとウィーンをはじめヨーロッパ各国の王侯貴族を魅了しました。こうして隆盛を極めたオーストリア宮廷と共に、ヘレンドは大きく発展していきます。
現在も造形から絵付けにいたるまで全てハンドメイドという伝統を守りながら、その一方で新しいモチーフを次々と生み出しています。
2013年新しく登場したウィーンのバラ プラチナは、ティーカップ、ポット、プレートにそれぞれ、大小のあわいピンクの薔薇やつぼみが、異なるデザインで描かれています。シリーズ全体として、ヘレンドとともに歩んできたウィーンのバラの伝統と歴史を感じさせます。プラチナの縁取りが一層エレガントな、ウィーンのバラの新しいシリーズです。
※こちらのボウルは、あわいピンクの薔薇のつぼみのみが描かれています。
ヘレンドの歴史とともにあるウィーンのバラ。パターン名を直訳すると「ハプスブルグ家由来の薔薇」。もともとはウイーン窯(現在のアウガルテン)により、「貴族の中の貴族」と称されたハプスブルグ家の后妃エリザベートのお気に入りのサービスとして製作していたものでした。しかし、1864年にウイーンが閉窯してしまった際、フランツ・ヨーゼフの命により「ウィーンのバラ」を含む多くの型やパターンが、ハンガリーのヘレンドへ移されました。ヘレンドは、皇帝が帝位を退くまでこれを納め続け、「ウィーンのバラ」はハプスブルグ家門外不出のパターンとなっていましたが、第一次世界大戦後、ハプスブルグ家が王位を退位し、ウィーンのバラも一般に開放されるようになり、今ではヘレンドを代表するパターンとなっています。
ヘレンドのウィーンのバラのオリジナルパターンは、簡潔で機能性が重視された19世紀前半のビーダーマイヤー時代に創られました。現代まで受けつがれている、中央に配された薔薇とパセリのコンビネーションに、濃いグリーンで縁取られたウィーンのバラのデザインもウィーン王室からその制作を依頼されたのがはじまりでした。

ギフト対応ラッピング選択可のし記名可

商品詳細
ブランドヘレンド(ハンガリー)
シリーズウィーンのバラ プラチナ
アイテムシュガーポット
サイズ口径9×8.5cm 横幅11×高さ4cm
金額詳細
価格
13,608円(税込)
ブランドボックスはありません。
※商品名にプレート立て付などの表記がない場合は、付属品は別売となります。
※商品の価格は実店舗と異なる場合があります。
※販売価格は予告なく変更される場合がございます。




関連キーワード:
ウィーンのバラ プラチナ 食器 おしゃれ ブランド

【送料無料】 ペアカップ&ソーサー 吉田屋風花鳥 ( セット ソーサー ティーカップ 美味しい おすすめ 九谷焼 結婚 出産 内祝い 引き出物 金婚式 誕生日プレゼント 還暦祝い 古希 喜寿 米寿 プレゼント お祝い お返し 2018 両親 父 母 男性 女性 日本製 おすすめ )

【希望者のみラッピング無料】 ウィーンのバラ ヘレンド(HEREND) プラチナ ブランド おしゃれ 食器 オープンシュガー【楽ギフ_包装選択】 00492-0-00-シュガーポット

【希望者のみラッピング無料】 ウィーンのバラ ヘレンド(HEREND) プラチナ ブランド おしゃれ 食器 オープンシュガー【楽ギフ_包装選択】 00492-0-00-シュガーポット

【希望者のみラッピング無料】 ウィーンのバラ ヘレンド(HEREND) プラチナ ブランド おしゃれ 食器 オープンシュガー【楽ギフ_包装選択】 00492-0-00-シュガーポット

20160602_163153

2016/6/5

【希望者のみラッピング無料】 ウィーンのバラ ヘレンド(HEREND) プラチナ ブランド おしゃれ 食器 オープンシュガー【楽ギフ_包装選択】 00492-0-00-シュガーポット

【希望者のみラッピング無料】 ウィーンのバラ ヘレンド(HEREND) プラチナ ブランド おしゃれ 食器 オープンシュガー【楽ギフ_包装選択】 00492-0-00-シュガーポット

2016/10/14

【希望者のみラッピング無料】 ウィーンのバラ ヘレンド(HEREND) プラチナ ブランド おしゃれ 食器 オープンシュガー【楽ギフ_包装選択】 00492-0-00-シュガーポット

【希望者のみラッピング無料】 ウィーンのバラ ヘレンド(HEREND) プラチナ ブランド おしゃれ 食器 オープンシュガー【楽ギフ_包装選択】 00492-0-00-シュガーポット

買い物過去の記事

話題をチェック!

  1. 10個セット☆ 洋陶小物 ☆ノーブルホワイトピッチャー小 (弥勒) [ 5.6 x 4.6 x 4.1cm (50cc) 50g ] 【 カフェ レストラン 洋食器 飲食店 業務用 】

    2015-9-3

    日本の未来について

Mailmagazine

過去ログ

ページ上部へ戻る